金融/不動産知恵袋

不動産担保ローン 借り換え

  • 住宅ローンがある自宅を賃貸に出さないといけなくなった時の対処法

    転勤や介護などに伴うライフスタイルの変化によって、自宅として住んでいた家から一時的に別の家に引っ越しする必要がある場合、「売却する」「賃貸に出す」の2つの選択肢があります。住宅ローンの残債がある自宅を賃貸に出すには、住宅ローンを借りている金融機関に相談し、どのような形にするのが良いかを話し合わなくてはなりません。住宅ローンは資金使途が自宅の取得に限られており、賃貸に出すと金融機関から残債の一括返済を求められる恐れがあります。 その場合は、不動産担保ローンに借り換えることで賃貸に出すことが可能となります。ただし、住宅ローンから不動産担保ローンへの借り換えにはデメリットもあるため、実際に借り換える前に仕組みやデメリットを理解しておくことが大切です。今回は、住宅ローンの残債がある自宅を賃貸に出さないといけなくなった時の対処法について解説します。 海外赴任が決まった、その時どうする? たとえば、住宅ローンを借りて自宅を購入後、急に海外赴任が決まって自宅からの住み替えが必要になったとしましょう。海外赴任が終わった後に自宅に戻ることを希望するなら、自宅を賃貸に出すことを検討するのではないでしょうか。しかし、住宅ローンの資金使途は自宅の購入に限定されているため、住宅ローンの残債がある不動産を賃貸に出すことは原則できません。無断で賃貸に出したことが発覚した場合は、金融機関からローン残債の一括返済を求められる恐れがあります。住宅ローンの返済中に転居を伴う転勤が決まったら、まずは住宅ローンを借りている金融機関に相談しましょう。金融機関がやむを得ないと判断すれば、住宅ローンの残債があっても賃貸に出せるかもしれませんが、残念ながら認められないケースもあります。その場合、住宅ローンから不動産担保ローンに借り換えれば不動産を賃貸に出せるようになるので、自宅を売却せずに済みます。 住宅ローンから不動産担保ローンに借り換えるデメリット 住宅ローンから不動産担保ローンに借り換えて賃貸に出すことには、以下のようなデメリットもあります。 金利が上がる 総返済額が増える 住宅ローンは不動産担保ローンよりも金利が低いので、不動産担保ローンに借り換えるとほとんどのケースで金利は上がります。金利が上がると総返済額も増えるため、借り換える際は返済できるかどうかを慎重に判断する必要があります。ただし、自宅を賃貸に出すと家賃収入が得られるため、安定した家賃収入が見込める物件であれば、家賃収入でローンを返済できるかもしれません。また、金融機関に借り換えの相談をすると、キャッシュフローを改善してローンの返済負担が軽減されるような提案をしてもらえます。まずは金融機関に相談して、提案された条件をもとに借り換えをするか判断するといいでしょう。 住宅ローンから不動産担保ローンへの借り換えイメージを紹介 ここでは、住宅ローンから不動産担保ローンへの借り換えイメージを紹介します。サラリーマンのCさんは、勤務している会社から海外赴任の内示を受け取りました。住宅ローン残債が減ってきたマイホームを賃貸に出し、海外赴任が終わったタイミングで住み慣れたマイホームに戻ることを考えています。 Cさんは金融機関にローンの相談をした結果、一括返済を求められたため、住宅ローンの残債がある自宅の区分マンションを担保にして、不動産担保ローンへの借り換えを行いました。借り換え前と借り換え後の状況は以下の通りです。 借り換え前 借り換え後 ローン残高 2,500万円 2,560万円(手数料等含む) 返済期間 20年 20年 金利 1.50% 6.00% 月々の返済額 12万円 18.3万円 家賃収入 0円 18.7万円※ ※時価5,000万円の物件で実質利回りが4.5%と仮定した場合 借り換えによって金利は1.5%から6.0%に上がり、月々の返済額が6.3万円増加しましたが、自宅を賃貸に出すことで月々18.7万円の収入を得ることが出来たため、月々の負担がなくローン残債を減らしていくことに成功しました。 実際に借り換えを行う場合は、不動産担保ローンを扱う金融機関に申込を行いましょう。審査に通過したら、住宅ローンを借りている金融機関に返済可能日などを確認のうえ契約手続きを進めます。手続きの流れの詳細は、こちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。 参考 不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(2)ー不動産担保ローンからの借り換え編 まとめ 住宅ローンのある自宅を賃貸に出したい場合は、不動産担保ローンへの借り換えを検討しましょう。不動産担保ローンなら賃貸に出すことができるので、転勤や介護で住み替えが必要になっても自宅を売却せずに済むかもしれません。ただ、不動産担保ローンへ借り換えるためには審査に通過する必要がありますので、まずは金融機関に相談して、借り換えることが出来るのか、借り換えた後の条件はどうなるのか、などを確認してみましょう。 無料の仮審査を申込む ご所有の不動産を担保にいくらまで融資可能かをご回答いたします。

  • 不動産担保ローンで即日融資を狙うならまずはカードローンを借りた方がいい4つの理由

    不動産担保ローンを提供している金融機関の中には、即日融資に対応しているところもあります。不動産を所有しているときに至急まとまった資金が必要になれば、不動産担保ローンで即日融資を受けることを考えるかもしれません。しかし、不動産担保ローンで即日融資を狙うなら、まずはカードローンを借りるのがおすすめです。カードローンをつなぎとして活用することで、結果的に不動産担保ローンのメリットを最大限享受することが可能となるからです。今回は、不動産担保ローンのつなぎとしてカードローンを借りた方がいい4つの理由と注意点について解説します。 まずはカードローンを借りた方がいい4つの理由 ここでは、不動産担保ローンで即日融資を狙うときに、まずはカードローンを借りた方がいい理由を4つ紹介します。 カードローンであれば、基本的には即日融資 不動産担保ローンは、担保となる不動産を評価するための時間が必要です。短時間で不動産を評価するのは難しく、一般的には審査に数日かかるため、融資が実行されるまでに1週間程度の期間が必要になってきます。一方、無担保で借りられるカードローンなら審査は早く、即日融資も可能です。カードローンを利用すれば、不動産担保ローンの融資実行までに必要な資金をすぐに準備できます。 カードローンは融資事務手数料・繰上返済手数料がかからない カードローンは金利が高く、返済額に占める利息の割合が大きいため、長期の借り入れには向きません。しかし、カードローンは融資事務手数料や繰り上げ返済手数料がかからないので、短期間の利用には適しています。急ぎでまとまった資金が必要な場合は、カードローンをつなぎで利用しながら不動産担保ローンの審査を受けましょう。不動産担保ローンの融資実行後、その資金でカードローンを一括返済すれば、カードローンの利用は短期間で済みます。 甘い審査で借りれば、結果的には金利が高くなる 不動産担保ローンを提供する金融機関の中には、「即日融資が可能」とうたっているところもあります。しかし、担保不動産の価値を正確に審査するには現地調査などを含め、最低でも数日は必要です。そのため、即日融資で融資する場合、担保不動産の価値を過小評価せざるを得なく、極端なケースでは無担保で融資しているのと大差がないこともあります。甘い審査で不動産担保ローンを借りてしまうと、結果的には金利が高くなってしまします。 信頼性の高い金融機関で借りるべき 不動産担保ローンで資金調達をする場合、金融機関選びは重要です。担保不動産や債務者の属性の評価は、金融機関によって異なります。より有利な条件で融資を受けるには、複数の金融機関に相談して提案された内容を比較・検討したうえで、信頼性の高い金融機関でローンを借りることが大切です。金融機関選びに注力することで、結果的に金利や返済期間等、自身にとって有利となる条件のメリットを最大限享受することが可能となります。 カードローンを借りると審査のマイナスに? カードローンを借りると、不動産担保ローンの審査にマイナスになるか気になるのではないでしょうか。しかし、カードローンを借りたからといって、審査のマイナスになることはほとんどありません。ただし、カードローンを利用した理由について、金融機関にしっかりと説明する必要はあります。不動産担保ローンの相談をするときに、カードローンを借りた経緯や必要性について説明できるように準備しておきましょう。また、基本的には不動産担保ローンの借り入れと同時にカードローンの返済を求められます。 カードローンをつなぎとして利用する場合の注意点 カードローンをつなぎとして利用する場合は、融資額に注意しましょう。不動産担保ローンの融資限度額以上をカードローンで借りると、カードローンから不動産担保ローンへの借り換えができなくなるからです。不動産担保ローンでは、担保とする不動産の市場販売価格の6割~7割程度が、融資額の上限の目途になります。たとえば、担保とする不動産の市場販売価格が5,000万円であれば、3,000万円~3,500万円が融資額の上限です。ただし、実際の融資額は担保不動産だけでなく、債務者の属性も含めて総合的に審査したうえで決定されます。そのため、カードローンの借り入れは、保守的にみて不動産の市場販売価格の5割ぐらいまで(先程の例なら2,500万円まで)に抑えた方がよいでしょう。 まとめ 不動産担保ローンは不動産の担保評価に時間がかかるため、基本的に即日融資は難しいのが現状です。無理をして即日融資を受けようとすると、思わぬリスクを抱えることもあります。まとまった資金が急に必要になった場合、まずはつなぎとしてカードローンを利用し、その後に不動産担保ローンへ借り換えるといった資金調達も検討してみましょう。 不動産担保ローンとカードローンの違いとは 不動産担保ローンとカードローンは、資金が必要なときに利用できるローンという点は同じですが、特徴やメリット・デメリットには違いがあります。ローンを利用したことがないと、不動産担保ローンとカード...記事を読む 無料の仮審査を申込む ご所有の不動産を担保にいくらまで融資可能かをご回答いたします。

  • 不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(3)ー無担保ローンからの借り換え編  

    銀行から融資を受けた無担保ローンの返済が思うように進まず、「どうすればいいかわからない」と悩んでいませんか。カードローンなどの無担保ローンは、保証人不要で審査が早く、ATMやインターネットから気軽に利用できます。しかし、無担保ローンは金利が高く、利息の負担が大きいため、返済期間が長期化しやすいのがデメリットです。担保にできる不動産があるなら、不動産担保ローンに借り換えることで月々の返済額を減らすことができるかもしれません。今回は無担保ローンから不動産担保ローンへの借り換えについて、メリット・デメリットや借り換えイメージ、手続きの流れを詳しく解説します。 無担保ローンから不動産担保ローンに借り換えるメリット 無担保ローンから不動産担保ローンの借り換えは以下3つのメリットがあります。 月々の返済額を減らすことができる 無担保ローンから不動産担保ローンに借り換えると、月々の返済額を減らすことができます。不動産担保ローンは無担保ローンより金利が低く、長期間にわたって借りることが可能です。借り換えによって金利が下がり、返済期間が長くなれば、月々の返済額が減って資金繰りが楽になります。 手元資金を増やすことができる 無担保ローンから不動産担保ローンへの借り換えは、手元資金を増やすことができるのもメリットのひとつです。担保とする不動産や債務者の属性によって融資条件は変わってきますが、一般的には無担保ローンより借入可能額は増えます。不動産担保ローンへの借り換えによって多くの資金を調達できれば、手元資金が増えて資金繰りが安定します。 複数の無担保ローンを1つにまとめることで返済管理が楽になる 複数の無担保ローンを利用している場合、不動産担保ローンに借り換えてローンを1つにまとめることで返済管理が楽になります。返済しなければならないローンがいくつもあると、管理しきれなくなって延滞が発生するリスクがあります。ローンを延滞すると遅延損害金が発生しますし、一括返済を求められることもあります。担保にできる不動産があるなら、複数の無担保ローンを不動産担保ローンにまとめるのがおすすめです。 無担保ローンから不動産担保ローンに借り換えるデメリット 無担保ローンから不動産担保ローンへの借り換えは、先ほど紹介したメリットがある一方で、以下のようなデメリットもあります。 返済できない場合は担保不動産を処分される 不動産担保ローンは、返済できなくなると担保不動産を処分されます。金融機関が融資を行う際に、担保とする不動産について抵当権を設定します。債務者がローンを返済できない場合、金融機関は抵当権を実行して担保不動産を売却し、売却代金から貸したお金と利息を回収します。 諸費用がかかる 不動産担保ローンへの借り換えは、事務手数料などの諸費用がかかります。ただし、金融機関に借り換えの相談をすると、通常は諸費用も含めて返済シミュレーションを行い、借り換えたほうが有利になるような提案をしてくれます。提案内容を確認したうえで、借り換えるかどうか判断するといいでしょう。また、諸費用は融資金額から差し引かれるため、諸費用を別に用意する必要はありません。 総返済額が増える場合もある 無担保ローンから不動産担保ローンへの借り換えは、総返済額が増える場合もあります。無担保ローンより借入可能額が大きく、返済期間も長期に設定できるからです。ただし、借り換えることで金利が下がり、月々の返済額を減らすことができます。また、状況によっては総返済額が減るケースもあります。 無担保ローンから不動産担保ローンへの借り換えイメージを紹介 ここでは、無担保ローンから不動産担保ローンへの借り換えを行った場合のイメージを1つ紹介します。個人事業主のBさん(50代)は、子どもの教育資金や親の介護などでまとまった資金が必要になり、複数の銀行カードローンから借入を行いました。しかし、月々の返済額が膨らんで資金繰りが厳しくなり、不動産担保ローンへの借り換えを行いました。 無担保ローンから不動産担保ローンに借り換えた後の状況は以下の通りです。 借り換え前 借り換え後 ローン残高525万円550万円(手数料等含む) 返済期間10年15年 金利9.00%5.00% 月々の返済額6.7万円4.4万円 総返済額799万円782万円 ローン残高は525万円から550万円に増えていますが、金利が9.00%から5.00%に下がり、返済期間も10年から15年になったことで月々の返済額だけでなく総返済額の両方の引き下げに成功しました。このように、ローン残高は変わらなくても、不動産担保ローンへの借り換えによって金利や返済期間などの融資条件が改善されれば、資金繰りも楽にすることができます。 無担保ローンから不動産担保ローンに借り換える手続きの流れ 無担保ローンから不動産担保ローンに借り換える手続きの流れは以下の通りです。   1. 金融機関にローン借り換えの相談をする(仮審査) 2. 本申し込みを行い、審査結果を待つ 3. 借換先と契約日を調整する 4. 借換先と契約手続きを行う 5. 契約日当日に融資金額が振込みされる 6. 5.の融資金の一部で無担保ローンの残債を一括返済する 7. 借換先が抵当権を設定する 8. 不動産担保ローンの返済が開始される まずは金融機関に不動産担保ローンへの借り換えを相談し、仮審査に申し込みましょう。仮審査の回答が出たら本申し込みをして、審査を通過したら契約手続きを行います。融資金が振込まれたら、融資金の一部で無担保ローンの残債を一括返済しましょう。上記4~7は同日中に行われます。無担保ローンの一括返済については、借換先から借換元の指定口座に振込みを行う場合と自身で返済手続きを行う場合があります。自身で返済手続きを行う場合は、一般的に一括返済したことを証明できる資料を借換先から求められるので、忘れずに提出しましょう。一連の手続きが終了すると、不動産担保ローンの返済が開始されます。 まとめ 無担保ローンは気軽に利用できますが、金利が高いため、月々の返済負担が大きくなります。不動産担保ローンは無担保ローンより金利が低く、長期間にわたって借りることができるので、借り換えることで月々の返済額を減らすことができます。無担保ローンの返済負担を少しでも減らし、資金繰りを改善したい場合は、不動産担保ローンへの借り換えを検討しましょう。 そもそも「不動産担保ローン」とは? 文字通り、不動産担保ローンとは、不動産を担保にしてお金を借りることができるローンのことです。一般的に、不動産は土地や建物、マンションなどを指しますが、お金を融資する金融機関によっては、別荘な...記事を読む 無料の仮審査を申込む ご所有の不動産を担保にいくらまで融資可能かをご回答いたします。 ▼シリーズ「不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説」の記事一覧 ・第1回:不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(1) ・第2回:不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(2)ー不動産担保ローンからの借り換え編 ・第3回:不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(3)ー無担保ローンからの借り換え編

  • 不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(2)ー不動産担保ローンからの借り換え編

    現在、銀行などの金融機関から借りている不動産担保ローンについて、「毎月の返済額を減らしたい」「資金繰りが厳しい」といった悩みをかかえていないでしょうか。このような悩みがあるなら、不動産担保ローンの借り換えを検討するのがおすすめです。現在の不動産担保ローンから新たな不動産担保ローンに借り換えることで、返済負担を軽減できる可能性があります。ただし、ローンの借り換えにはデメリットもあるため、実際に借り換える前に特徴や仕組みを理解しておくことが大切です。今回は不動産担保ローンからの借り換えについて、メリット・デメリットや事例、手続きの流れを詳しく解説します。 不動産担保ローンを借り換えるメリット 不動産担保ローンの借り換えは、以下2つのメリットがあります。 総返済額を減らせる 新たな不動産担保ローンへの借り換えは、ローンの総返済額を減らせるのがメリットです。借り換えによって金利が下がれば、ローン残高は変わらなくても総返済額を減らすことが可能です。借り換える際の諸費用を考慮しても、金利や返済期間などの条件によっては総返済額を減らせます。担保とする不動産や債務者の属性に対する評価は金融機関によって異なるので、ローンを借り換えることで融資条件の改善が期待できます。 毎月の返済額を減らせる(資金繰りが楽になる) 不動産担保ローンの借り換えは、毎月の返済額を減らせるのもメリットのひとつです。借り換えによって融資条件が改善されれば、毎月の返済額と総返済額の両方を減らせます。また、総返済額はそれほど変わらなくても返済期間が長くなれば、毎月の返済額が減ってキャッシュフローが改善し、資金繰りが楽になります。 不動産担保ローンを借り換えるデメリット 不動産担保ローンの借り換えは、諸費用がかかるのがデメリットです。現在のローンの繰上返済手数料と、新たに加入する不動産担保ローンの事務手数料が必要になります。これらの諸費用を考慮しても返済負担を軽減できるなら、不動産担保ローンの借り換えを行いましょう。金融機関に借り換えの相談をすると、通常は諸費用も含めてシミュレーションを行い、総返済額が減ってキャッシュフローが改善するように提案してくれるので、提案された条件をもとに借り換えをするか検討しましょう。なお、繰上返済手数料は新しい不動産担保ローンで準備できますし、事務手数料は融資金額から差し引かれるので、諸費用を別途用意する必要はありません。 不動産担保ローンの借り換えイメージを紹介 ここでは、不動産担保ローンの借り換えを行った場合のイメージを1つ紹介します。A法人(仕入れ販売業)は、資金繰りに行き詰まった際に銀行から不動産担保ローンを借りましたが、金利が高かったため、キャッシュフローの改善を目的に不動産担保ローンの借り換えを行いました。担保とする不動産は、法人代表者所有の自宅(区分マンション)です。不動産担保ローンの借り換え前と借り換え後の状況は以下の通りです。 借り換え前 借り換え後 ローン残高2,230万円2,300万円(手数料等含む) 返済期間20年20年 金利8.00%6.00% 月々の返済額18.6万円16.4万円 総返済額4,476万円3,954万円 ローン残高は2,230万円から2,300万円に増えていますが、金利が8.00%から6.00%に下がったことで、月々の返済額と総返済額の両方の引き下げに成功しました。このように、ローン残高は変わらなくても、ローンの借り換えによって金利などの融資条件が改善されれば、返済負担を軽減することができます。 不動産担保ローンの借り換えの手続きの流れ 不動産担保ローンの借り換えの手続きの流れは以下の通りです。 1.金融機関にローン借り換えの相談をする(仮審査)2.本申し込みを行い、審査結果を待つ3.審査通過後、借換元の金融機関に連絡して、返済可能日と返済総額を確認する4.借換先と契約日を調整する5.借換先と契約手続きを行う6.契約日当日に借換先から借換元に返済総額が振込みされる7.借換元から抵当権抹消に必要な書類を受領する8.借換元の抵当権を抹消する9.借換先の抵当権を設定する10.新しい不動産担保ローンの返済が開始される まずは金融機関に不動産担保ローンの借り換えについて相談し、仮審査に申し込みましょう。仮審査の回答が出たら本申し込みを行い、審査通過後に借換元の金融機関に連絡して返済可能日と返済総額を確認します。借換先の融資金額や金利、手数料、返済総額などの条件が決定したら、現在の契約内容と比較し、確認したうえで借換先と契約手続きを行いましょう。上記5~9は同日中に行われ、7~9は通常、借換先から紹介された司法書士に委託して手続きを進めます。一連の手続きが終了したら、新たな不動産担保ローンの返済が開始されます。 まとめ 金融機関によって、担保となる不動産や債務者の属性に対する評価は異なります。そのため、不動産担保ローンを借り換えると融資条件が改善し、毎月の返済額や総返済額を減らせるかもしれません。現在借りている不動産担保ローンの金利が高く、「毎月の返済額を少しでも減らしたい」と考えているなら、ローンの借り換えを検討してみましょう。 不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(3)ー無担保ローンからの借り換え編   銀行から融資を受けた無担保ローンの返済が思うように進まず、「どうすればいいかわからない」と悩んでいませんか。カードローンなどの無担保ローンは、保証人不要で審査が早く、ATMやインターネットか...記事を読む 無料の仮審査を申込む ご所有の不動産を担保にいくらまで融資可能かをご回答いたします。 ▼シリーズ「不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説」の記事一覧 ・第1回:不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(1) ・第2回:不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(2)ー不動産担保ローンからの借り換え編 ・第3回:不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(3)ー無担保ローンからの借り換え編

  • 不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(1)

    不動産担保ローンの借り換えとは、新たな不動産担保ローンを借りて、現在のローンを一括返済することです。不動産担保ローンからだけでなく、無担保ローンや住宅ローンなどから不動産担保ローンへの借り換えも可能です。ローンの借り換えによって返済負担を軽減できるのはもちろん、その他のメリットを得られることもあります。不動産担保ローンの借り換えは、どのような場面で考えればよいのでしょうか。今回は、不動産担保ローンの借り換えの分類や借り換えを考える場面について解説します。 不動産担保ローンの借り換えをキャッシュフローから分類 キャッシュフローから分類すると、不動産担保ローンの借り換えは以下3つのケースがあります。 毎月の返済額も総返済額も減るケース 現在より金利が低い不動産担保ローンに借り換えれば、毎月の返済額・総返済額を減らすことができます。ローンの借り換えは繰上返済手数料などの諸費用がかかりますが、条件によっては諸費用を考慮しても借り換えるほうがお得です。毎月の返済額・総返済額がともに減るので、不動産担保ローンの借り換えで最もメリットが大きいケースと言えます。 毎月の返済額は増えるが総返済額は減るケース 現在より金利が低く、返済期間が短い不動産担保ローンに借り換えるようなケースです。適用金利が低くなれば総返済額は減りますが、返済期間が短くなると返済回数が少なくなるため、毎月の返済額は増えます。毎月の返済額を増やしてでも総返済額を減らしたい場合は、ローンを借り換えるメリットがあります。 毎月の返済額は減るが総返済額は増えるケース 現在より毎月の返済額を減らしたい、追加で資金調達したい場合などがこのケースに当てはまります。ローンを借り換えて返済期間が長くなれば、毎月の返済額を減らすことができます。また、金融機関によって担保評価や融資可能額は異なるため、ローンの借り換えによって追加で資金調達できる可能性があります。このケースでは総返済額は増えてしまいますが、毎月の返済負担を軽減したい、追加で資金調達したい場合はメリットがあります。 不動産担保ローンの借り換えを借り換え前のローンから分類 借り換え前のローンから分類すると、不動産担保ローンの借り換えは以下3つのケースがあります。 不動産担保ローンから不動産担保ローンへの借り換え 同じ不動産担保ローンであっても、金融機関によって不動産の担保評価や属性への評価は異なります。ローンを乗り換えることで金利や返済期間、融資可能額などの条件が改善するかもしれません。諸費用を考慮しても毎月の返済額や総返済額が減る場合は、ローンの借り換えを検討するのがおすすめです。 無担保ローンから不動産担保ローンへの借り換え カードローンなどの無担保ローンは、担保なしでお金を借りられるのがメリットです。しかし、一般的には不動産担保ローンに比べると金利は高く、返済期間は短くなります。担保にできる不動産がある場合は、不動産担保ローンに借り換えることで返済負担を軽減できる可能性があります。 住宅ローンから不動産担保ローンの借り換え 住宅ローンは、不動産担保ローンより低金利で融資を受けられますが、住宅ローンの資金使途はマイホームの購入に限定されています。住宅ローンの残債を不動産担保ローンに借り換えれば、賃貸に出すことができるようになります。また、事業で資金繰りに困っている場合、住宅ローンの残債や担保評価によっては、住宅ローンから不動産担保ローンに借り換えると運転資金を確保できる可能性があります。 不動産担保ローンによる借り換えを考える場面 不動産担保ローンによる借り換えは、以下のような場面で検討するといいでしょう。 毎月の返済が苦しいとき 毎月の返済が苦しいときは、ローンを借り換えることで毎月の返済額を減らすことができます。利用中のローンが不動産担保ローンであるときはもちろん、条件によっては無担保ローンや住宅ローンから不動産担保ローンへの借り換えであっても、返済負担の軽減が期待できます。 収入や売上が拡大し、返済能力が高まったとき 収入や売上が拡大して返済能力が高まったときは、金融機関からの評価も高くなります。不動産担保ローンによる借り換えを行うことで、好条件でまとまった資金を調達できる可能性があります。 返済中に金利以外の手数料を請求されたとき 現在のローンで繰上返済や条件変更などを行う場合、金融機関によっては金利以外に繰上返済手数料や条件変更手数料などを請求されます。このような場面では、不動産担保ローンによる借り換えを行うことで、今までより好条件で融資を受けられるかもしれません。 不動産を相続した、譲渡されたとき 相続や譲渡によって不動産を取得した場合、その不動産を担保に金融機関から不動産担保ローンを借りることができます。現在のローンを借り換えることで、毎月の返済額や総返済額の軽減が期待できます。 担保不動産の価格が上昇したとき 不動産価格が上昇すると担保不動産の価格も上昇し、不動産担保ローンで調達できる金額が増えます。金融機関によって担保評価額は異なるため、不動産担保ローンを借り換えることで調達できる資金が増える可能性があります。 まとめ 不動産担保ローンの借り換えは、毎月の返済額や総返済額を減らせる可能性があります。また、不動産担保ローンからだけでなく、無担保ローンや住宅ローンからの借り換えであっても、返済負担の軽減や資金繰りの改善が期待出来る場合があります。毎月のローン返済や資金繰りで困っているなら、不動産担保ローンへの借り換えを検討してみましょう。 不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(2)ー不動産担保ローンからの借り換え編 現在、銀行などの金融機関から借りている不動産担保ローンについて、「毎月の返済額を減らしたい」「資金繰りが厳しい」といった悩みをかかえていないでしょうか。このような悩みがあるなら、不動産担保ロ...記事を読む 無料の仮審査を申込む ご所有の不動産を担保にいくらまで融資可能かをご回答いたします。 ▼シリーズ「不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説」の記事一覧 ・第1回:不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(1) ・第2回:不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(2)ー不動産担保ローンからの借り換え編 ・第3回:不動産担保ローンの借り換えを分かりやすく解説(3)ー無担保ローンからの借り換え編

ご相談、仮審査申込は無料です。お気軽にお問い合わせください。
0120-334-258受付時間:月~土 9:00 - 17:45