住まいとお金の用語集

住まいとお金に関連する用語について説明します。

元金均等返済(がんきんきんとうへんさい)

元金均等返済 (がんきんきんとうへんさい)とは、元金を返済期間で均等に割り、残高に応じて利息を計算し、毎月の返済額を算出する返済方法のことをいいます。 返済額は返済期間に応じて少なくなり、元利均等返済に比べて、総返済額を少なくすることができる一方、返済開始当初の返済額が多く、返済負担が大きくなります。

関連用語

約定返済
約定返済とは、毎月の「約定返済日」に「約定返済額」を返済することです。約定返済日と約定返済額は金銭消費貸借契約で定められます。
繰上返済
繰上返済(くりあげへんさい)とは、毎月の決められた返済とは別に、借入額の全部または一部を返済することを指します。
期限一括返済
期限一括返済(きげんいっかつへんさい)とは、毎月のご返済は利息のみをお支払いいただき、ご返済の最終回にのみ元金を一括でお支払いいただく返済方式です。
元利均等返済
元利均等返済(がんりきんとうへんさい)とは、月々の返済額となる元金と利息の合計額を、ご返済開始から終了まで均等(同額)とする返済方式です。
お支払額が一定のため、ご返済の計画を立てやすいというメリットがある反面、ご返済当初においては利息の割合が大きくなるデメリットがあります。
ご返済に余裕がある場合には、債務の全部または一部を繰上返済することも可能です。

一覧に戻る

ご相談、仮審査申込は無料です。お気軽にお問い合わせください。
0120-334-258受付時間:月~土 9:00 - 17:45