不動産担保ローンに関する用語説明

不動産担保ローンに関連する用語について説明します。

貸金業法(かしきんぎょうほう)

貸金業法(かしきんぎょうほう)とは、貸金業者の登録制度や適正な活動の促進、それらによる資金需要者等の利益の保護を図る事などを目的とした貸金業について定めた法律です。
2006年12月に改正法が成立し、多重債務者問題の解決や、上限金利の引き下げなどを目的として、4段階に分けて大幅に改正が行われました。
この改正により、個人のお客様については特例を除きお借り入れの上限がご年収の3分の1までとなりました(総量規制)。
ただし、対象が個人事業主様、ご自宅以外を担保とした不動産ローン、高額医療費をお支払いの場合等々、特例が適用されるケースもございます。
ご自身様が総量規制の対象となるかにつきましては当社にお問合せいただくか、日本貸金業協会のホームページにてご自身様にてご確認ください。

一覧に戻る

ご相談、仮審査申込は無料です。お気軽にお問い合わせください。
0120-334-258受付時間:月~土 8:50 - 17:30