住まいとお金の用語集

住まいとお金に関連する用語について説明します。

保留地(ほりゅうち)

保留地(ほりゅうち)とは、土地区画整理事業の際に生まれる、一般の人に販売するための土地のことです。一般的な宅地は売買契約締結後、所有移転登記を行いますが、土地区画整理事業の保留地の場合には、事業施行者の組合名義で保存登記されます。

関連用語

土地区画整理事業
土地区画整理事業 (とちくかくせいりじぎょう)とは、道路、公園、河川等の公共施設を整備・改善し、土地の区画を整え、宅地の利用の増進を図る事業のことです。
非線引き区域
非線引き区域(ひせんびきくいき)とは、都市計画区域において、市街化区域と市街化調整区域の分類がされていない地域のことをいいます。法律上は「区域区分が定められていない都市計画区域」といいます。
市街化区域
市街化区域(しがいかくいき)とは、すでに市街地となっている区域とおよそ10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図ることとなっている区域のことをいいます。 用途地域が定められており、自治体による道路、公園、下水道などの都市施設の整備も重点的に実施されます。

一覧に戻る

ご相談、仮審査申込は無料です。お気軽にお問い合わせください。
0120-334-258受付時間:月~土 9:00 - 17:45