暮らしをより豊かにするために

人生100年時代を見据えて、
「住まい」「お金」
充実できる人生を手厚くサポート

住まいとお金の相談専用ダイヤルです。お気軽にお問い合わせください。
0120-755-677受付時間:9:00 – 19:00 年中無休

住宅ローン、リースバック、
住み替え資金、リフォーム資金など…
こんなお悩みはありませんか?

  • 自分に合う住宅ローンを知りたい
  • 住み替えたいが資金面が不安
  • 手元資金を使わずリフォームしたい
  • 最近よく聞くリースバックって何?

SBIシニアの住まいとお金では、
「住まい」や「お金」のお悩みを
住宅ローンのプロに無料で相談ができます。

SBIシニアの住まいとお金の
相談サービスの特徴

まずはお気軽にお問合せください。

住まいとお金の相談専用ダイヤルです。お気軽にお問い合わせください。
0120-755-677受付時間:9:00 – 19:00 年中無休

どのようなお悩みをお持ちですか?

お客様のお悩みに合わせて
住宅ローンのプロが丁寧にアドバイスします。

ご利用の流れ

  • STEP01

    お問い合わせ

    お電話またはお問い合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

  • STEP02

    電話相談

    専門の相談スタッフよりご連絡差し上げます。お客様のご状況をヒアリングさせていただきます。

  • STEP03

    アドバイス

    電話相談の結果を受け、お一人おひとりにあったアドバイスをさせていただきます。お客様のご希望に応じて、お客様に合った提携先やサービスをご案内いたします。

よくあるご質問

住まいとお金の相談専用ダイヤルです。お気軽にお問い合わせください。
0120-755-677受付時間:9:00 – 19:00 年中無休

お役立ち情報

シニアの住まいとお金に関するお役立ち情報を発信しています。
ゆとりある暮らしの実現に向けて、ぜひ、お役立てください。

住まいとお金のガイドブック

これからの住まいお金のために
ぜひ読んでいただきたい資料です。

  • 住宅ローン
  • 住み替え
  • リフォーム
  • 家計見直し

動画で学ぶ

  • 62歳男性「経営する会社が赤字決算になり、住宅ローンの支払いが難しくなった。住宅ローンの借り換えはできる?」

    この動画はこのようなお悩みをお持ちの方におすすめです ・住宅ローンの支払いが厳しくなった方 ・銀行に住宅ローンの借り換えは難しいと言われた方 概要 SBIシニアの住まいとお金の住宅ローン相談に寄せられた実際のご相談を紹介します。今回の相談者は62歳の男性で、自身で会社経営をしています。現在は62歳でまだまだ仕事は続けていくつもりですが、直近のコロナ禍の影響で赤字決算になってしまい、毎月の住宅ローンの支払いが厳しくなりご相談いただきました。 ご相談者様の状況 ・68歳男性 妻と子ども2名と同居 ・事業収入(会社経営) ・住宅ローン残高 4,400万円 ・住宅ローンの毎月の支払額 35万円 ご相談者のお悩み ・毎月の支払額を減らすために住宅ローンの借り換えをしたい ・条件が良い(金利が低いなど)金融機関を教えてほしい アドバイス 他の金融機関の金利が低い住宅ローンへ借り換え まずは、他の金融機関の金利が低い住宅ローンへの借り換えを提案しました。当時の借り入れ時よりも、現在の金利水準が低く、借り換えメリットが十分に生まれたためです。しかしながら、ご自身が経営する会社が赤字決算であったため、銀行に相談するも審査が難しく断念されました。 リ・バース60への借り換え リバースモーゲージ型住宅ローン「リ・バース60」は毎月の支払が利息のみになるため、近年では住宅ローンの支払いを減らす手段として注目されています。相談者様の場合は、住宅ローン残高が4,400万円であったため、仮に3%の金利で試算すると、毎月の支払が約11万円になり、約20万円の支払いの軽減が可能でしたが、法定相続人(お子様)の同意が得られなかったため、断念されました。 解決に向けた提案 本動画では、解決に向けた提案として、完済年齢を伸ばすことで住宅ローンの支払額を減らす方法について紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。 SBIシニアの住まいとお金に相談 SBIシニアの住まいとお金では、住宅ローンのお悩みを住宅ローンのプロに直接相談できます。相談料等は全て無料です。セミナーや相談事例に関する質問や相談も受け付けています。ぜひお気軽にご相談ください。 60歳からの住宅ローン相談はこちら

  • 68歳男性「リースバックの家賃が払えなくなりました。支払いを減らす方法を知りたいです。」

    この動画はこのようなお悩みをお持ちの方におすすめです ・リースバックの家賃が払えなくなった方 ・リースバックの利用後、買戻しを検討している方 概要 SBIシニアの住まいとお金のリースバック相談に寄せられた実際のご相談を紹介します。今回の相談者は68歳の男性です。リースバックは、売却時にまとまった現金を得られますが、その後は家賃の支払いが続きます。相談者様は、老後資金を確保するために数年前にリースバックの契約をしましたが、想定外の出費が重なり、毎月の家賃が払えなくなってしまったとのことでした。 ご相談者様の状況 ・68歳男性 ・年金収入のみ ・毎月の家賃 12万円 ご相談者のお悩み ・毎月の支払額を4万円減らしたい アドバイス リースバック会社に家賃の値下げ交渉 まずは、リースバック会社に家賃の値下げ交渉をすることを提案しました。しかしながら、相談者様は断られる可能性が高いため交渉したくない意向があり、断念されました。 家賃の負担を無くすため自宅を買い戻す 次に家賃の負担を無くすために自宅を買い戻すことを提案しましたが、リースバック時に手に入った資金はすでに家賃の支払いや、生活費に充てており、手元の現金では不可能で、こちらも断念されました。 解決に向けた提案 本動画では、解決に向けた提案として、フラット35の親子リレー返済型を活用した買戻しについて紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。 SBIシニアの住まいとお金に相談 SBIシニアの住まいとお金では、リースバックのお悩みを住宅ローンのプロに直接相談できます。相談料等は全て無料です。セミナーや相談事例に関する質問や相談も受け付けています。ぜひお気軽にご相談ください。 60歳からのリースバック相談はこちら

  • 64歳男性「住宅ローン残高が現在約1,000万円あります。毎月の支払いはギリギリでボーナス払いになると…」

    この動画はこのようなお悩みをお持ちの方におすすめです ・住宅ローンのボーナス払いが厳しい方 ・住宅ローンの返済額を減らしたい方 概要 SBIシニアの住まいとお金の住宅ローン相談に寄せられた実際のご相談を紹介します。今回の相談者は64歳の男性で、奥様と二人暮らしです。現在の住宅ローン残高は約1,600万円で、月々の返済額は11万円。毎月の支払は特段問題なく払えているようですが、年2回のボーナス返済額32万円の支払いがギリギリとのことです。来年に定年退職を迎えるため、今のうちに住宅ローンの返済額を減らせる方法は無いかと、ご相談を受けました。 ご相談者様の状況 ・64歳男性 ・住宅ローン残高 約1,600万円 ・毎月の支払額 11万円 ・ボーナス返済額 32万円(年2回) ご相談者のお悩み ・65歳の定年退職までにボーナス返済をなくしたい ・老朽化した自宅のリフォーム資金の借り入れもしたい アドバイス ボーナス返済分を繰り上げ返済 まずは、ボーナス返済分の繰り上げ返済を提案しましたが、ボーナス返済分の残高が約400万近くあり、そこまでの預貯金を持たれていないとのことでしたので、断念されました。 他の金融機関で借り換え 次に他の金融機関での借り換えも提案しましたが、定年退職が迫っており、より良い条件での借り換えの審査が通りそうになく、こちらも断念されました。 解決に向けた提案 本動画では、リバースモーゲージ型住宅ローン「リ・バース60」を活用した住宅ローンの支払額の軽減方法を紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。 SBIシニアの住まいとお金に相談 SBIシニアの住まいとお金では、住宅ローンのお悩みを経験豊富な住宅ローンのプロに直接相談できます。相談料等は全て無料です。セミナーや相談事例に関する質問や相談も受け付けています。ぜひお気軽にご相談ください。 60歳からの住宅ローン相談はこちら

  • 64歳女性「住宅ローンの返済が厳しく住み替えを検討していますが、頭金の用意ができそうにありません。」

    この動画はこのようなお悩みをお持ちの方におすすめです ・住宅ローンの返済が厳しく、住み替えを検討している方 ・新居購入の頭金がご用意できない方 概要 SBIシニアの住まいとお金の住宅ローン相談に寄せられた実際のご相談を紹介します。今回の相談者は64歳の女性で、娘様とご同居されています。住宅ローンの返済が厳しくなり、住み替えをご検討されていますが、新居購入のための頭金が用意できないお悩みを抱えており、ご相談を受けました。 ご相談者のご状況 ・64歳女性 ・世帯年収約360万円 ・住宅ローン残高 1,900万円 ・毎月の支払額 16万円 ご相談者のお悩み ・住宅ローンの返済が厳しく自宅を売却して住み替えたい ・手元の現金に余裕がないので、住み替えにかかる諸費用等も借り入れたい アドバイス 住み替え専用の住宅ローンを組む まずは、住み替え専用の住宅ローンをご提案しました。しかしながら、ご年齢やお子様のご収入の状況から審査が難しい結果になりました。 リースバックを利用した住み替え リースバックは自宅を売却して売却金額を受け取り、そのまま賃貸で住み続けるサービスです。こちらは住み替えで利用することもでき、近年では住み替え専用のリースバックも用意されています。しかしながら、リースバックの売却金額は一般的に相場の7割程度になってしまい、今回のケースでは、新居購入金額に満たなかったため、断念されました。 解決に向けた提案 本動画では、解決に向けた提案として、売却までのつなぎ融資で新居購入費用を賄うという方法について紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。 SBIシニアの住まいとお金に相談 SBIシニアの住まいとお金では、住宅ローンのお悩みを住宅ローンのプロに直接相談できます。相談料等は全て無料です。セミナーや相談事例に関する質問や相談も受け付けています。ぜひお気軽にご相談ください。 60歳からの住宅ローン相談はこちら

  • 60歳以上で住宅ローンを借りるなら「リ・バース60」と「フラット35(親子リレーローン)」どちらがおすすめ?

    60歳以上で住宅ローンを借りることはできる? 60歳以上でも、住宅ローンを借り入れすることを検討している方は多いのではないでしょうか。近年、60歳以上の方向けの住宅ローンの選択肢が増えています。代表的なものとしては、毎月の支払いが利息のみになるリバースモーゲージ型住宅ローン「リ・バース60」や、自身の子どもと一緒に借入をする「フラット35(親子リレーローン)」があります。今回のセミナーでは、これらの住宅ローンについて、概要の説明と比較ポイントを紹介します。 こんな方におすすめ 60歳以上で住宅ローンの借り入れを検討している方 リ・バース60やフラット35に興味がある方 将来のために住宅ローンの選択肢を知っておきたい方

シニアのための住まいとお金の相談専用ダイヤルです。お気軽にお問い合わせください。
0120-755-677受付時間:9:00 - 19:00 年中無休