リ・バース60は住宅ローン控除等の優遇制度を受けられる?

リ・バース60は、満60歳以上の方でも借り入れができる高齢者向けの住宅ローンです。毎月の返済は利息のみであるため、月々の返済負担が小さいのがメリットです。元本は、債務者が亡くなったときに担保不動産を売却して一括返済します。

通常の住宅ローンとは仕組みが異なりますが、住宅ローン控除などの優遇制度は受けられるのでしょうか。今回は、リ・バース60で住宅購入時の各種優遇制度が利用できるかを解説します。

住宅購入時に受けられる優遇制度

住宅購入時に受けられる優遇制度には以下のようなものがあります。

住宅ローン控除

住宅ローン控除は、住宅ローン年末残高の一定割合を所得税から控除できる制度です。節税効果が高く、10年以上の長期にわたって所得税が軽減されるのがメリットです。適用初年度は確定申告が必要ですが、会社員なら2年目以降は年末調整で控除を受けられます。

すまい給付金

すまい給付金は、一定の要件を満たす住宅を購入すると、収入に応じて最大50万円の給付を受けられる制度です(1回のみ)。住宅ローン控除は収入が高い人ほど節税効果が高くなりますが、すまい給付金は収入が低い人ほど給付額が増える仕組みになっています。

住宅取得にかかる贈与税非課税措置

住宅取得にかかる贈与税非課税措置は、父母や祖父母などの直系尊属から住宅新築・購入資金の贈与を受けた場合、最大1,500万円まで贈与税が非課税になる制度です。本措置を利用すれば、住宅を購入する際に両親などから援助を受けやすくなります。

グリーン住宅ポイント制度

グリーン住宅ポイント制度は、一定の省エネ性能を満たす住宅を建築・購入する場合にポイントが付与される制度です。最大100万円相当のポイントが付与され、家電やインテリア、追加工事など、本制度の政策テーマに合致する商品・サービスと交換できます。

リ・バース60は住宅ローン控除を受けられる?

リ・バース60を利用して住宅を購入すると、住宅ローン控除を受けることはできません。住宅ローン控除の対象となる住宅ローンは、返済方法について以下のいずれかを満たす必要があります。

  • 償還期間が10年以上の割賦償還の方法により返済されるもの
  • 割賦払の期間が10年以上の割賦払の方法により支払われるもの

割賦償還・割賦期間の10年以上は、債務を負っている期間ではなく、最初の返済から返済終了までの期間を意味します。リ・バース60は、債務者が亡くなるか元本を繰上返済しない限り、返済はずっと続きます。つまり、償還期間(返済期間)が明確に決まっておらず、上記の要件を満たさないので、住宅ローン控除の適用対象外となります。

参考)国税庁「No.1225 住宅借入金等特別控除の対象となる住宅ローン等」

リ・バース60はすまい給付金を受けられる?

リ・バース60で住宅を購入する場合、すまい給付金は受けられます。償還期間が不確定のローンではありますが、年齢が50歳以上なら住宅ローンを利用しなくても給付対象となるからです。

「取得した住宅に自ら居住する」「収入額が一定以下」などの要件を満たせば、リ・バース60でもすまい給付金を受けることは可能です。収入額は年収650万円以下(都道府県民税の所得割額が13.30万円以下)が目安となります。

参考)すまい給付金サイト「すまい給付金とは」

リ・バース60は贈与税の非課税措置を受けられる?

リ・バース60を利用する際に、贈与税の非課税措置を受けることは可能です。
本措置では、受贈者(贈与を受ける人)に対して年齢や収入(所得)、住宅の床面積などの要件を設けています。しかし、住宅ローンに関する要件はないため、リ・バース60で住宅を購入するときにも適用対象となります。

両親などから援助を受けられるなら、積極的に活用するといいでしょう。本措置の適用を受けるには、贈与を受けた翌年2月1日~3月15日に一定の書類を添付して、贈与税の申告書を提出する必要があります。

参考)国税庁「No.4508 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税」

リ・バース60はグリーン住宅ポイント制度を受けられる?

リ・バース60は、グリーン住宅ポイント制度も受けられます。本制度は、認定長期優良住宅やZEH(ゼッチ)といった高い省エネ性能を有する住宅が対象です。購入者が自ら居住する必要があり、既存住宅(中古住宅)の場合は建築年や売買代金などの要件もあります。しかし、住宅ローンに関する要件はないため、リ・バース60でも問題なく利用できます。

ただし、制度自体が今年度で終了する予定です。ポイント発行申請は2021年12月15日で受付を終了しています。ポイント発行申請を済ませている場合は、期限までに工事完了報告やポイント利用を行いましょう。

参考)住宅グリーンポイント「住宅グリーンポイントとは」

まとめ

リ・バース60で住宅を購入する場合、残念ながら住宅ローン控除は受けられません。しかし、すまい給付金や贈与税の非課税措置は利用できます。リ・バース60を利用するなら、不動産会社などに各種優遇制度を受けられるかを確認しましょう。


執筆者紹介

「住まいとお金の知恵袋」編集部
金融や不動産に関する基本的な知識から、ローンの審査や利用する際のポイントなどの専門的な情報までわかりやすく解説しています。宅地建物取引士、貸金業務取扱主任者、各種FP資格を持ったメンバーが執筆、監修を行っています。

ご相談、仮審査申込は無料です。お気軽にお問い合わせください。
0120-334-258受付時間:月~土 9:00 - 17:45