リ・バース60のよくある質問

リ・バース60は、満60歳以上の方向けの住宅ローンです。一般的な住宅ローンは、安定収入が必要で年齢制限もあるため、高齢になると借りるのが難しくなります。一方で、リ・バース60であれば、住宅ローンを利用できない高齢の方でも融資を受けやすいです。

ただし、リ・バース60は通常の住宅ローンとは仕組みが異なります。融資を受けてから後悔することがないように、特徴や他の商品との違いを理解してから申込みをすることが大切です。今回は、リ・バース60のよくある質問とその回答をまとめて紹介します。

リ・バース60とリバースモーゲージの違いは何ですか?

A.リバースモーゲージとリ・バース60は、資金使途に違いがあります。一般的なリバースモーゲージは老後の生活資金や医療費、介護費用などに利用できます。リ・バース60は“リバースモーゲージ型”住宅ローンなので、住宅に関連する使途(住宅の購入・建築、リフォーム、住宅ローンの借り換えなど)のみに利用可能です。

「自宅を担保に融資を受けられる」「毎月の返済が利息のみ」「債務者の死亡後に自宅を売却して元本を返済する」などは、リ・バース60という点は共通しています。

いくらまで借りることができますか?

A.リ・バース60の融資限度額は、次のうち最も低い額となります。

(1)8,000万円
(2)所要金額の100%
(3)担保評価額の50%または60%

(3)の担保評価額については、担保とする住宅(セカンドハウスを含む)が長期優良住宅の場合は「担保評価額の55%または65%」です。そのため、住宅の購入・建築資金で借り入れをする場合は、最低でも購入不動産の50%程度の頭金が必要だと考えおくといいでしょう。

契約できる年齢の制限はありますか?

A.リ・バース60は満60歳以上の方が対象ですが、金融機関によっては年齢上限を設けていることがあります。また、満50歳以上60歳未満の方でも利用できる場合もあります。ただし、満50歳以上60歳未満の方の融資限度額は、担保評価額の30%となるなど、条件が一部異なります。

債務者の死後、必ず担保物件は売却されますか?

A.相続人が残債務を一括で返済する場合は、担保物件を引き継ぐことができます。また、債務者が生前に元金を繰上返済して、担保物件の売却を回避することも可能です。

残債務を一括で返済しない場合は、担保物件の売却により残った債務を一括で返済する必要があるため、担保物件を引き継ぐことはできません。物件の売却を希望しない場合には、あらかじめ残債務を一括返済するか、死後に一括返済出来るよう資金を準備しておくといいでしょう。

債務者の死後、担保物件の売却はだれがどのような方法で行うのですか?

A.債務者が亡くなった後の担保物件の売却は、以下の2つの方法があります。

  • 相続人が担保物件を自ら売却する
  • 住宅金融支援機構が競売により売却する

相続人は、どちらの方法で担保物件を売却するか選択可能です。競売よりも相続人が自ら売却活動を行う任意売却のほうが、高く売却できる可能性があります。残債務を上回る金額で売却できた場合、その余剰金は相続人が受け取れます。

反対に、担保物件の売却代金が残債務に満たない場合、リコース型であれば残った債務の返済が必要で、ノンリコース型であれば残った債務の返済は不要です。

担保物件が残債務以上の金額で売却できた場合はどうなりますか?

A.担保物件の売却によって、金融機関と住宅金融支援機構が回収すべき金額以上で売却できた場合の余剰金は相続人が受け取れます。

売却代金が担保物件の取得価格を上回った場合、売却益が譲渡所得となり、所得税等が課税される可能性があります。詳しくは、税務署や税理士に確認しましょう。

担保物件の売却による返済後に債務が残った場合どうなりますか?

A.リ・バース60の債務者が死亡し、担保物件の売却で返済した後に債務が残った場合は、次のうちいずれかの取扱いとなります。

  • ノンリコース型:相続人は残った債務を返済する必要がない
  • リコース型:相続人は残った債務を返済する必要がある

2020年度においては、ノンリコース型の利用割合が99%以上を占めており、大多数がノンリコース型を選択していることがわかります。

なお、ノンリコース型は、リコース型に比べて金利が高くなることがあります。また、残債務のうち返済不要となる部分は債務免除益とみなされ、所得税等が課税される可能性があります。詳しくは、税務署や税理士に確認するといいでしょう。

まとめ

リ・バース60であれば、60歳以上の方でも融資を受けられるので、住宅の購入・建築やリフォーム、住宅ローンの借り換えなどに必要な資金を準備できます。また、毎月の支払は利息のみで、返済負担が小さい点も魅力です。

リ・バース60の仕組みを理解して、老後の住まいづくりにうまく活用しましょう。

参考)住宅金融支援機構「リ・バース60 よくある質問」

執筆者紹介

「金融/不動産知恵袋」編集部
金融や不動産に関する基本的な知識から、ローンの審査や利用する際のポイントなどの専門的な情報までわかりやすく解説しています。宅地建物取引士、貸金業務取扱主任者、各種FP資格を持ったメンバーが執筆、監修を行っています。
ご相談、仮審査申込は無料です。お気軽にお問い合わせください。
0120-334-258受付時間:月~土 9:00 - 17:45