2021.12.15

年金生活者支援給付金とは?給付対象や手続き方法を解説

年金生活者支援給付金とは?給付対象や手続き方法を解説

年金生活者支援給付金についてご存じでしょうか。この制度を利用することで、一定の条件を満たした方は、受け取れる年金の額が多くなる可能性があります。年金生活者支援給付金について知らない方は、ぜひ本記事の内容を参考にしてください。

年金生活者支援給付金とは?

年金生活者支援給付金は、生活の支援を図ることを目的に、年金に一定額を上乗せして支給する制度です。本給付金を受けるためには、以下のような要件を満たさなければなりません。

  • 年金を受給していること
  • 所得が一定額以下であること

年金生活者支援給付金の給付対象

年金生活者支援給付金の給付対象は下記3種類の年金受給者です。

  • 老齢基礎年金
  • 障害基礎年金
  • 遺族基礎年金

年金生活者支援給付金の給付額と受給要件について、年金の種類ごとに見ていきましょう。

老齢基礎年金

老齢基礎年金受給者における給付金は月額5,030円を基準に、保険料納付済期間等に応じて算出します。また、老齢基礎年金の受給者が年金生活者支援給付金を受けるための要件は以下の通りです。

  • 65歳以上の老齢基礎年金の受給者であること
  • 同一世帯の全員が市町村民税非課税であること
  • 前年の公的年金等の収入金額とその他の所得の合計額が881,200円以下であること

障害基礎年金

障害基礎年金受給者における給付金は障害等級2級が月額5,030円、障害等級1級が月額6,288円です。また、障害基礎年金の受給者が年金生活者支援給付金を受けるための要件は以下の通りです。

  • 障害基礎年金の受給者であること
  • 前年の所得が4,721,000円以下であること*

※ただし、扶養親族等の数に応じて増額

遺族基礎年金

遺族基礎年金受給者における給付金は月額5,030円ですが、2人以上の子が受給している場合には、5,030円を子の数で割った金額です。また、遺族基礎年金の受給者が年金生活者支援給付金を受けるための要件は以下の通りです。

  • 遺族基礎年金の受給者であること
  • 前年の所得が4,721,000円以下であること*

※ただし、扶養親族等の数に応じて増額

年金生活者支援給付金の留意事項

ここでは、年金生活者支援給付金を受けるにあたり、確認しておきたい留意事項をお伝えしていきます。

給付額の改定について

年金ごとの給付額については上述の通りですが、こちらは令和3年10月時点の金額です。毎年物価の変動による改定が行われるため、確認するようにしましょう。なお、給付手続きをした後に、給付額の改定が行われると「年金生活者支援給付金支給金額改定通知書」が送られてきます。

給付金が受給できないケース

以下のようなケースでは、給付金は受給できません。

  • 日本国内に住所がない
  • 年金が全額支給停止されている
  • 刑事施設等に拘禁されている

手続きできない人はどうする?

目が見えない方や認知症の方など、自筆で書くことが困難な場合には、代理人による代筆が認められています。また、耳や発生が不自由な方はファックスなどで問い合わせすることも可能です。

年金生活者支援給付金の手続き方法

年金生活者支援給付金は請求手続きしなければ受給できませんが、請求手続き自体は非常に簡単に済ませることが可能です。日本年金機構から送られる封筒の中に、はがき型の請求書が入っているので、太枠内の必要事項(提出日や氏名、電話番号のみ)を記入し、切手を貼って送付すれば手続き完了です。

請求書を紛失した場合の手続き

請求書を紛失した場合、日本年金機構のホームページからダウンロードできる請求書に必要事項を記入し、近隣の年金事務所に持参する形で手続きができますが、以下のような内容を記入しなければなりません。

  • マイナンバーまたは基礎年金番号
  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 届出年月日

はがき型と比べると記入内容が増えますが、いずれにせよ簡単に手続きできます。なお、本人が窓口で手続きする場合はマイナンバーカードやマイナンバーの分かる書類、身元証明書などの書類が必要です。

請求に関するよくあるご質問

最後に、請求に関してよくある質問について見ていきましょう。

所得はどう証明するの?

給付金を受けるには、所得の条件を満たす必要があります。この所得の判定は、市町村から所得情報等の提供を受けて行われるため、基本的には書類の提出は不要です。ただし、所得情報等を確認できない場合には、別途提出しなければならないこともあります。

給付金請求書はいつ届くの?

給付金請求書は、令和3年分については8月31日より順次発送が開始されています。万が一手元に届いていない場合は給付金専用ダイヤルか近隣の年金事務所に問い合わせするとよいでしょう。

毎年手続きが必要なの?

一度給付金の手続きをした場合、給付金の要件を満たしていれば、2年目以降の手続きは原則不要です。ただし、一度給付金の手続きをしたものの、所得が増えた等の理由で給付金の支給が停止された方が、再度要件を満たした場合には、改めて支給手続きをしなければなりません。

まとめ

今回は、年金生活者支援給付金についてお伝えしました。この制度は、簡単な手続きで利用を開始できるので、要件を満たしているのにまだ給付金を受けていないという方は、本記事の内容を参考に、手続きを進めると良いでしょう。


執筆者紹介

「金融/不動産知恵袋」編集部
金融や不動産に関する基本的な知識から、ローンの審査や利用する際のポイントなどの専門的な情報までわかりやすく解説しています。宅地建物取引士、貸金業務取扱主任者、各種FP資格を持ったメンバーが執筆、監修を行っています。

ご相談、仮審査申込は無料です。お気軽にお問い合わせください。
0120-334-258受付時間:月~土 9:00 - 17:45